時環境保護は、今日、グローバル化している問題です。この方面で、Man Yueは、グローバルスタンダードに適合した環境管理システムを設立し、2004年ISO14001の認証を取得しました。

この環境管理システムの下で、当グループの品質管理部門(「QC部門」)が製品品質および特定化学物質の使用を管理しています。

2005年8月13日、欧州連合(EU)の電気・電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令(「RoHS」)がEU構成国において発効し、電子産業に衝撃を与えました。Man Yueは、1996年に新装置を設置し、Man Yueのヨーロッパ向け製品が完全かつ確実にRoHS要求事項を満たし、その他の地域向けについても同等の要求事項を満たすよう、完全な指針と手順を設定しました。Man Yueは、更に、サプライヤおよびビジネスパートナーの全てに、RoHS要求事項の順守を義務付けています。


Man Yue グループ環境保護活動計画

活動 目標
環境管理システムの設立 ISO14001認証を取得
顧客向けRoHS セミナー 相互の信頼に基づいた持続可能なパートナーシップの育成をめざす。
サプライヤ向けRoHS セミナー Man Yue グループとサプライヤは、共に良い製品を作るパートナーであり、その為に、相互理解を深め相互に最高品質を届けるためのRoHS セミナーを開催。

Man Yueは、中国で他に先駆けてアルミニウム電解コンデンサを製造しており、ICP/RoHS検査施設を設けて、受入れ材料の全部につきRoHSの順守を確実にしています。

EICC Policy Conflict Metal Statement


© Copyright 2007  Man Yue Technology Holdings Limited. All Rights Reserved. | Disclaimer